e-短冊ドットコム 短冊のオンライン販売 e-tanzaku.com
商品検索 カート確認
様々な短冊を検索し、あなたのための短冊を探しませんか? - 短冊サーチ -
春寒の花見小路は灯しけり 幹彦  
No.005998

長田 幹彦

春寒の花見小路は灯しけり 幹彦
◆俳句
◆明治 大正 昭和
定価 6,000 円(税込)   
注文・問い合わせする
春寒の花見小路には、灯りがともっている。
◆季節
◆時代 明治 大正 昭和
◆形式 俳句
作者プロフィール
長田 幹彦
(ながた みきひこ)
小説家。長田秀雄の弟。東京生、早大卒。兄秀雄の影響で文学を志し『スバル』『明星』に参加。小説『澪』『零落』を発表し耽美派作家として知られる。また『祇園夜話』等により情話文学の流行をもたらす。日本ビクター顧問として「祇園小唄」「鳥の娘」等の歌謡の作詞もした。昭和39年(1964)歿。

作者カテゴリ 作家
出身地 東京

◆作者の他の作品
東風吹いて枯葉に光る小石かな 幹彦
卯の花や釣殿まての薄月夜 幹彦
作品一覧

短冊サーチ