e-短冊ドットコム 短冊のオンライン販売 e-tanzaku.com
商品検索 カート確認
様々な短冊を検索し、あなたのための短冊を探しませんか? - 短冊サーチ -
貴賎迎年
ほと/\にきたる衣はかはれとも きよきはとしのはしめ成けり 哥子  
No.006556

中島 歌子

貴賎迎年
ほと/\にきたる衣はかはれとも きよきはとしのはしめ成けり 哥子
◆和歌
◆江戸 幕末 明治
少々ヤケ、少々イタミ

定価 6,000 円(税込)    売約済み
税所敦子・下田歌子・鶴久子などとともに、明治期における代表的な女流歌人として並び称される中島歌子。また、樋口一葉の師匠としても知られています。
18才の時に水戸藩士の林忠左衛門と結婚するも、天狗党の乱に加担した罪で忠左衛門は自害、歌子自身も連座して2ヶ月投獄されるといった波乱に満ちた日々を送りますが、解放後は加藤千浪に和歌を学んだのち、歌塾「萩の舎」を主宰し多くの上流・中流階級の子女を教えました。

「世の中の人々の着ているものはそれぞれ異なっているが、新しく清々しい思いをするのはみな一緒。年の始めとはそのようなものである。」

と詠まれた当歌の題は、明治4年の歌会始の勅題「貴賎春迎」とよく似ています。
この当時は、士農工商の身分制を廃止する「四民平等」の考えのもと、身分をこえた婚姻や職業・居住の自由を許可する等の政策が施された時期です。
制作年代は不明ですが、「新年とは、身分の高い人にも低い人にも平等にめぐってくる」という内容の当歌は、このような時代背景が意識されたもののように見受けられます。
◆季節 新年
◆時代 江戸 幕末 明治
◆形式 和歌
作者プロフィール
中島 歌子
(なかじま うたこ)
歌人。幼名トセ、号は萩園・萩の舎。水戸藩士林忠左衛門の妻、池田利右衛門養女。加藤千浪門人。御歌所出仕・日本女子大学校国学教授を務める。門人に樋口一葉がいる。明治36年(1903)歿、60才。

作者カテゴリ 作家

◆作者の他の作品
和気清麻呂 ミことのりうさにや朽んミしめ縄 命にかけてもとかさりせハ 哥子
新年鶴 あたらしき年のはしめのことほきを まつたつか音にきゝてけるかな 歌子
歳暮 菊の花またのこれりとおもひしを としの暮こそちかつきにけれ 哥子
作品一覧

短冊サーチ