e-短冊ドットコム 短冊のオンライン販売 e-tanzaku.com
トップページ 特集ページ このサイトについて 商品検索 軸装・額装について お問い合わせ リンク集 カート確認
e-短冊.comでは貴重な一点物の短冊を多数取り揃えております。 − e-短冊.com へようこそ −
12月
複数の商品をまとめてご注文・お問い合わせいただけるようになりました

今月のおすすめテーマ

価格更新短冊 価格更新短冊を検索
価格を更新した短冊の一覧をご覧いただけます。


今月のおすすめ商品 新着短冊を検索
みなさまにもなじみの深い作者の自筆短冊をご紹介します。


独逸の音楽大家アンナ・シヤエフアル嬢によする十二首の内
夢のこと流るゝ星のゆき過きて すきの消ゆらむ西人をとめ 左千夫 No.006596
伊藤 左千夫 ( いとう さちお )

独逸の音楽大家アンナ・シヤエフアル嬢によする十二首の内
夢のこと流るゝ星のゆき過きて すきの消ゆらむ西人をとめ 左千夫


正岡子規に師事し、子規亡き後はその意思を受け継ぎアララギ派の代表的歌人として近代短歌界に多大なる功績を残した伊藤左千夫。

当歌は「夢をみているのではないかと思うほど美しい流れ星が目の前を過ぎていった。きっとあなたの不運も消えることであろう、西洋のお嬢さん。」といった内容で、流れ星を見ると幸運がおとずれるという言い伝えにちなみ、歌題にある「独逸の音楽大家アンナ・シヤエフアル嬢」という人物の今後の良き人生を願ったものです。

二人がどのような関係であったかはわかりませんが、歌題にあるように、左千夫は当歌を含め12首もの歌を彼女のために詠んでいることから、敬愛の念を抱いていることが伺えます。

※すき(数寄)…不幸・不運なめぐりあわせ
詳細表示

短冊サーチ

今月のおすすめテーマを追加しました。(2016/12/01)
短冊26点追加しました。(2016/12/01)
作者出身地検索を追加しました。(2016/09/27)
代金引換手数料を変更いたしました。(2014/04/30)
フリーワード検索(人名検索)がフルネームでの検索に対応しました。(2009/12/01)
思文閣出版から2006年9月下旬に『増補 蓮月尼全集』(村上素道 編 初版1980年)が復刊されました。 詳細はこちら>>